インバウンドニュース

【前編】観光立国1位。なぜフランスは世界中から人が訪れるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年に2400万人という過去最高の訪日外国人を記録した日本。しかしその3.5倍8400万人が訪れるフランスは30年間観光客数世界一の記録を保持し続けている。なぜ世界中から人が集まるのか文化や地理だけではないフランスの魅力を生かした様々な理由があった。前後半に分けてその秘密に迫る。

 

■豊かな自然と5カ国に囲まれた地理

①大自然を満喫!海も山も散策するスポットはたくさん

フランスを囲む海は大西洋、地中海、英仏海峡。国内にある山はアルプス山脈、ヴォ-ジュ山脈、ジュラ山脈、中央高地、ピレネー山脈。スキー観光大国でもあり、2015年には5500万人もの人がスキー場に訪れている。

②温暖な気候

フランスの気候は海洋性、大陸性、山岳性、地中海性の4つに区分され、全体的に温暖な場所が多く、1年間を通じて寒すぎることがないためいつ来てもいい!

③隣国が5カ国国境

フランスはヨーロッパ西の真ん中に位置しているため国境は5つ。ベルギー、ドイツ、ルクセンブルク、スイス、イタリア、スペイン。イギリスも電車1時間程度で着くのでほぼ隣国。そのおかげで、隣国のヨーロッパ人は簡単にフランスに行けます。実はフランスを訪れる50%以上の観光客はドイツ人、イギリス人、ベルギー人、イタリア人など隣の国の人たちなのです。

【国別フランス観光客数ランキング】

1位 ドイツ 1280万
2位 連邦王国 1180万
3位 ベルギー 930万
4位 イタリア 750万
5位 スイス 620万
6位 スペイン 610万
7位 オランダ 550万
8位 アメリカ 320万
9位 中国 170万
10位 ルクセンブルク 140万

■実はこんなところも?世界中にあるフランスのDOM-TOM

皆さんが想像するフランスはヨーロッパにある国だと思います。しかしフランスにはヨーロッパ以外に所有する土地があり、その総称とDOM-TOMと言います。(フランス語: départements et territoires d’outre-mer、通称DOM-TOM)

 

■フランスに行く目的は様々
美術、世界遺産、スポーツ、景色散策、フランスには観るところが沢山

65,9% 観光散策
59,5% 美術館や世界遺産
16,9% ショッピング
13,6% 美食、ワイン

 

①美術館や世界遺産

ルーブル美術館は日本でも有名な美術館で一度は聞いたことがあるでしょう。他にも世界中に有名な、世界遺産がたくさんあり、またフランス料理はユネスコの無形文化遺産になりました。

②ヨーロッパでも大人気パリのDisneyLand

日本でも大人気ですが、パリのDisneyLandは世界中から訪れます。

③スポーツ

ツールドフランスやサッカー、スキーなどのウィンタースポーツも人気です。

 

■日本も便利だけど、フランスはもっと便利な交通制度

①同じチケットでどこへで行ける

フランス観光の人気都市といえばパリ。SNCFという電車会社だけがあるので、どの駅でも購入可能です。パリでは地下鉄、トラム(路面電車)、バスの会社が一つなので、どんな距離でもどんな交通手段でも、必ず同じチケットを使います。

②観光客でも車や自転車を借りることができる

フランスの都市およそ1,200ヶ所で簡単に外国人でも自転車を借りるところがありますパリ市内では、先ほどの自転車の制度と同じようにおよそ1,000ヶ所で電気自動車も借りることが可能です。

■空港の数44、パリ近くだけでも国際空港が3つ

パリの広さは山手線内側の広さしかないと言われています。その中に国際便として発着できる空港が3つ。足回りの良さは観光客にとっても大事なポイントと言えます。

 

後半に続く

“コンタクト”